サラダチキンが全ての疲労から体を守ってくれることが判明!

コンビニやスーパーなどで販売されているサラダチキン

サラダチキン

画像元:ロケットニュースより

一躍ダイエットやトレーニーをはじめ、大ブームとなり一時は品切れも続出していたこのサラダチキンですがなんとこのサラダチキンにはダイエット以外や筋トレのための高たんぱく低カロリーな特徴以外に、日常生活の疲労も軽減してくれることが判明しました!!

イミダペプチドとは?

鶏胸肉に多く含まれるこの成分、実は疲労回復に化科学的根拠があるとされている物質なのです。

このイミダペプチドを1日当たり200mg~400mg摂取することで疲労回復や細胞の酸化を防ぐことが判明しました。

ちなみに食品からこのイミダペプチドを摂取しようと思うと

鶏胸肉100gに200mgのイミダペプチドが含まれていて
牛肉であれば400g摂取することで 200mgのイミダペプチドが摂取できます。

しかしながら、牛肉を毎日に400gも食べるとなると結構大変ですし牛肉には脂肪も結構含まれていますので
ダイエット中にはさらに難しい選択になります。

そこで、鶏胸肉であればたったの100gで200mg摂取でき、さらにタンパク質まで補給しつつ余分なカロリーは摂取せずに済む!と鶏胸肉はまさにスーパーダイエット食品と言えます。

最適な量は?

実験では1日当たり200mgでの結果と400mgでの結果が載っていましたが
その場合、400mgの方が疲労回復効果は高いという結果になりました!

よって、1日当たり200gの鶏胸肉を摂取するのがいいということになります。

摂取のタイミングは?

ダイエットをしているのでしたら朝の朝食と昼食の間に100g前後
昼食晩御飯の間に 100g前後、サラダチキンを食べれれば昼と夜の食べ過ぎも防げさらに
食事回数が増えることで消費カロリーもアップします。

シリアスなダイエットやトレーニングなどをされていて会社や学校に通われている方だと、朝起きてプロテインを飲んでそのまま家を出発し
職場や学校の近くのコンビニでサラダチキンを1つ買って (サラダチキンは1つでだいたい110~120gほど) 、職場や学校で食べれればかなりいいでしょう。

帰宅時にもまたサラダチキンを一つ購入することで鶏胸肉を手軽に1日200g摂取することができ、同時にイミダペプチドも400mg摂取できたことになります。

さらになる疲労回復には!?

イミダペプチド以外にも研究結果から疲労を回復効果があると証明されたのがクエン酸
よくスポーツドリンクなどに含まれていたりするので耳にしたことのある方も多い方ともいますが
レモンやグレープフルーツなどのかんきつ類、梅干しやお酢などに含まれているすっぱい味の成分です。

クエン酸  摂取の目安量は レモン2つ 黒酢 大さじ1杯 梅干 2粒

セットでとるのがよい

イミダペプチドとクエン酸はセットでとるのが良いとされているので

朝ごはんに

  • サラダチキン
  • グレープフルーツジュース

ないしは

  • サラダチキン
  • 梅ドレッシング

というのも手軽でありですね!

ちなみに

毎日の摂取が最も効果的!

疲れを感じる前に日頃から摂取するのが最も有効であるとされています。

忙しいサラリーマンや学生さんは毎朝近くのコンビニで
サラダチキンとグレープフルーツジュース

を購入するのが調理の手間まもなく、手軽で便利で続けやすい方法ですね。

料理が苦でない方はスーパーで買ってきた鶏胸肉をレンジでチンするだけでもすぐに自家製サラダチキンが完成しますので
コストパフォーマンスを重視するならこちらがオススメです!

ぜひ、手軽なサラダチキンで日々の疲れから開放されイキイキとした毎日を送りましょう♪